HOME  >   成年後見

成年後見

こんな方は「後見制度の援助」を受けることをおススメします

  • 認知症で財産管理が不安な方認知症で財産管理が不安な方
  • 将来の財産管理が不安な方将来の財産管理が不安な方
  • 高齢者詐欺が不安な方高齢者詐欺が不安な方

「後見業務」を法律家(司法書士)に頼むメリット

迅速・確実なお手続き
後見申立てを行うためには、様々な書類を収集し、財産目録や申立書類を作成する必要があります。
不慣れですと無駄な労力や時間の浪費となってしまいます。

また、後見申立ての際、後見人選任後の方針を決定する必要があり、その決定に法的知識が必要とされることも多分にあります。
お仕事をされていてお時間が無い方や確実なお手続きをしたい方は、法律家に依頼することをおススメいたします。
より豊かな老後のために
最近、高齢者詐欺が蔓延しておりその被害も後を絶ちません。
また、近年、個々の権利擁護が叫ばれており、ご高齢者の方ももちろん例外ではありません。

将来のライフエンドをどうされたいか、一度法律家にご相談されてはいかがでしょうか。
権利保全という観点からアドバイスがいただけるものと存じます。
そのことにより、より豊かな老後生活を送る指針になることでしょう。

当事務所の「後見業務」サービス

後見業務を重視

後見業務を重視 かわたま事務所の司法書士は、公益社団法人リーガルサポートの会員です。リーガルサポートは、後見人を専門とした司法書士の団体であり、いわば専門職後見人を養成・監視する組織です。
 
かわたま事務所では、この「後見業務」がこれからの日本を担う、必要不可欠で重要な業務であると考えており、重要視している業務であります。
 
また、かわたま事務所の司法書士は、既に現在も複数の後見人または後見監督人として業務を行っております。そして、専門職後見人の第一人者が司法書士という現状を踏まえ、かわたま事務所では、より専門的に当該分野へ力を入れていくことを検討しております。
 
不明点でもなんでもかまいません。「後見業務」に関して何かございましたら、お気軽にご相談ください。

転ばぬ先の杖

転ばぬ先の杖 また、かわたま事務所では、「確かなライフエンドプランを」を合言葉に、任意後見業務も積極的に行っております。
 
任意後見とは、仮に将来認知症になり、財産管理が困難になった場合に備え、予め財産を管理していただいたり身上の監護をしていただく人を決めておき、いざ財産管理できない状況になった場合に、任意後見の効力が生じるようにする契約をいいます。
 
認知症になった場合、自分が意図していない後見人が選任されることが多くあるのですが、任意後見人を選んでおけば、自分の信頼した、しっかりした人を後見人として選任することが可能となるのです。
 
言わばこれは、確かなライフエンドプランの実現への一助となることでしょう。
かわたま事務所では、この「転ばぬ先の杖」制度の利用を推奨しており、実践しているところであります。

「成年後見」手続きの流れ

  • ご相談・お見積もり
    ご相談・お見積もり
    お気軽にご相談ください。初回相談料無料です(30分5400円)。
  • ご契約
    ご契約
    お見積もりに同意いただけましたら、ご契約となります。ご分割でのお支払いのご相談も可能です。
  • 業務開始(書類収集・書類作成)
    業務開始(書類収集・書類作成)
    書類収集を行い、並行して書類作成も行います。業務期間は1~3か月が目安です。
  • 業務終了(ご精算)
    業務終了(ご精算)
    手続きが完了しましたら、ご精算となります。お客様にご報告を行い、実費や預り金等のご精算をさせていただきます。

費用

報酬
相談 30分 5,400円(初回無料)
成年後見申立て手続き 12万8000円
公正証書遺言作成 5万円
任意後見契約 見守り 月1万円~
後見 月2万円~
ページの先頭へ